みちのく温泉湯めぐり紀行

東鳴子温泉 旅館大沼

写真をクリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます
  • 部屋
  • 料理
  • 接客
  • 泉質

基本情報

東鳴子温泉

泉質

源泉温度 65.2℃
温泉地名:東鳴子温泉
ナトリウム-炭酸水素塩泉
(純重層泉)(低張性中性高温泉) 100%かけ流しです

入った感想

珍しいモール泉。茶褐色の湯に仄かに香る木材の香りが癒し効果をプラスしてくれます。お肌に良いとされるメタケイ酸の含有量がとても高く(232.6mg)入浴後の肌のつるつる具合は感動します

お料理

鳴子産コシヒカリが絶品!今まで訪れた旅館の中でNo1の美味しいお米でした。その他のお料理も優しい味でどれもとても美味しかったです。
温かい物は温かいうちに、等タイミングも良く運んできてくれるのでとてもペース良く食べることができました

その他の感想

本館トイレ付和室(宿泊時1名料金13650円)
昔ながらの湯治宿の為トイレ付きのお部屋の数は少ないです。本当は一汁三菜プランを利用したかったのですが予約がいっぱいだった為普通食プランにしました。貸切で入れる温泉の種類も多いので(空いていればいつでも入れます)温泉熱を利用したふかし湯などもあり温泉大好きな私にはとても嬉しいお宿。その中で一番のお気に入りは旧館の4階にある陽の湯、備長炭を使った湯船にモール泉の香りがとても良い貸切!大浴場は基本的に混浴の為中々入りにくいですが女性専用時間帯有なので女性っはその時間帯を利用するか、貸切だけでも十分楽しめますのでゆっくり貸し切るのもいいかもです。お湯を大切にしているため自然に優しいシャンプー類しかないため気になる方は持参したほうがよいと思います。基本的にアメニティー類も少な目。部屋にドライヤーもないです(大浴場には備えてあります)おひとり様のお客さんも多いようで自分だけのゆっくりとした時間を取りたい、癒されたい方にはとてもお勧めのお宿です。次回お世話になる際は是非一汁三菜プランを利用したいな、と思います。