みちのく温泉湯めぐり紀行

蔵王温泉 扇の館 岡崎屋旅館

写真をクリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます

  • 部屋
  • 料理
  • 接客
  • 泉質

基本情報

奥州3高湯の一つで蔵王温泉は全国2位を誇る強酸性泉です

泉質

源泉温度 47.6℃
温泉地名:蔵王温泉
酸性・含鉄・硫黄・アルミニウム・硫酸縁・塩化物温泉
(含硫化水素強酸性明ばん縁ばん泉)(低張性酸性高温泉) 100%かけ流しです

入った感想

24時間入れます。画像は初めに出てくるのが女性風呂で温泉成分表を挟んで後半が男性風呂です
内湯は洗い場は多くありませんが平日ならまず混み合う事は無いと思います。私も宿泊中6~7回入りましたがそのうち誰かと一緒になったのは2度だけで他は貸し切り状態で入れました。とても贅沢です。 女性の露天風呂はドッコ沼をイメージし蔵王大石をくりぬいて作られており、浴槽の底から源泉が湧き出ていますが 小さいです
3人位は入れそうですが誰かが先に入っていると遠慮して行けません。もっと大きかったらいいのにと思いました

お料理

全体的に派手さは無いですがどの品も地の物を使った料理で美味しかったです。特に三元豚の蒸ししゃぶと山形と言えば芋煮!絶品でした。

その他の感想

8畳+広縁(宿泊時1名料金12600円)
トイレ、ユニットバス付き(温泉ではない)
部屋には冷房が付いていません。お世話になったのは夏真っ盛りの8月上旬。当日は山形市内は30℃を超える真夏日でしたが山道を車で上がるとどんどん気温が下がり、到着15時位で22℃前後になりました。これだけ涼しければエアコンも必要ないのがわかります。自然の風がむしろ心地よく、大変過ごしやすかったです。
仲居さんもとても気さくで面白い方で色々教えて頂き食事の際とても楽しかったです。食事の量が多かったのでデザートのぶどうが食べられないと伝えるとラップにくるんでくれて部屋で食べな~と渡してくれました。そういう事もお願しやすい雰囲気です
残念なのは自動販売機の飲料の種類はちょっと少なく、価格高めです。缶コーラ150円ペットボトル500ml200円等
朝食はシンプルなお膳。
帰りの見送りは女将さん、仲居さんが笑顔で見送ってくれます。大型旅館とはサービス面や規模は違いますが老舗で昔から頑張っている感たっぷりの雰囲気の良いお宿でした。1泊ではなく2泊、3泊したくなる温かみのある宿でした